fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

絶景風景5

005_20210407075322f42.jpg

過去10年間、日本人が行ってみたい世界遺産の堂々1位は、ペルーにあるインカの聖殿「マチュピチュ」だ。
今日数えてみたら、今まで33回ほど足を踏み入れているが、毎度マチュピチュは素敵な姿を見せてくれる。でも、その中で僕が最も印象に残っているのは、やはり初めて出かけた時だろう。
今から25年前、21歳の僕は、なけなしの金を握りしめ、マチュピチュ直下の安宿にいた。夜の3時起床、漆黒の闇の中を歩き始め、インカ道を1時間ほど直登した。4時に入口へ到着し、門番に頼み込み、早めに開けてくれたと同時に入場。息を切らしながら坂を登っていくと、眼下に霧の立ち込めたマチュピチュが広がった。東から西へ、まるで遺跡を舐めるかのように、純白の霧がゆっくりと流れていく。憧れの地でその静謐さと神秘さに見入ったのは勿論、その妖艶な姿を存分に見せてくれるマチュピチュという存在に深く心を揺さぶられた。
あれから毎年1回か2回、このインカの聖殿に詣でさせてもらっている。マチュピチュは、歴代皇帝たちの墓であり、様々な儀式が執り行われた夏の離宮。この自然に溶け込むような設計は、インカ時代以前(プレ・インカ)の人たちが作ったことが最新データで証明された。科学がひとつずつマチュピチュのベールを剥がしていくことで、また一つ、二つと新たな新たな謎が深まっていく。世界で最も偉大な遺跡のひとつ、それがマチュピチュだ。
              ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

絶景世界 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<命のひかり | ホーム | コシアブラ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |