fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

サムシンググレート

1_20111104164026_20210415124844ad5.jpg

巨人が、また一人星になった。
村上和雄先生。1983年に酵素「ヒト・レニン」の遺伝子解読に成功し、日本で最もノーベル賞に近い分子生物学者が亡くなった。
先生は生命の存在は、ダーウィンの進化論では十分説明できないと考え、サムシング・グレートという存在でいのちを説明した。
あまりに有名な「遺伝子オンで生きる」から、「アホは神の望み」まで、ユーモアセンス抜群の稀有な方だった。
阪根大学の副学長でもある山元加津子さん(姫)とのジョイント講演で、僕は初めて村上先生と出会わせてもらうことに。科学者でありながら、「祈り」を研究しているということに度肝を抜かれたが、3分に一度は爆笑を作るその話術に引き込まれた。
姫と先生と一緒の写真を撮らせて欲しいと頼み、控室でパチリ。後にも先にも僕はこんな笑顔の村上先生を見ることは無かった。
姫が少女時代から大ファンだった村上先生。好きで好きでたまらないという気持ちが溢れ、村上先生も山元加津子という人間を心から愛したのだと思う。そうでなければ、こんな素敵なツーショットは生まれないもの。
村上先生が天へ還られ、涙が勝手にあふれ出る。でも、村上先生を愛した人たちを、村上先生はもっと大きな愛で包み込んでくれている。肉体が果てただけで、魂は自由に。先生はあなたの傍に必ずいます。サムシンググレートとして。
              ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<オジロワシ | ホーム | 賢治の世界>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |