fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

舩井幸雄記念館

RXT05195.jpg

キンモクセイの香りに誘われるように、舩井幸雄記念館へ。
桐で作られた家の玄関には、深紅の絨毯が。
RXT05198.jpg

「折角ですから素足でお上がり下さい。絨毯も踏んで頂いたほうが艶が出ますので」と奥様が上品に目じりを下げられる。
「今日はペルーから来させて頂きました」とひろちゃん。
「これはペルシャ絨毯です」
「そっちのペルーではないんですけれどね」
皆が笑い、場の空気が柔らかくなる。智の巨人、舩井さんは生前400冊の本を編まれた。書棚にはずらりと並び、様々な分野の本を書かれていることに驚かされた。
RXT05201.jpg

書斎が、すこぶる素敵。すべての窓からは森が広がり、窓の向こうからは川の水音が聞こえてくる。
RXT05202.jpg

手書きの生原稿を見せてもらう。どんな字でどんな紙に書かれていたのか、そしてどのように手直しされていたのか、に物書きのはしくれとして興味がわいた。
RXT05206.jpg

舩井さんが亡くなられ、遺物整理をする中で、怪しいものがどんどん引き出しから出てきた。フーチや円盤状のセラミックや、キーホルダーなど。
RXT05210.jpg

RXT05212.jpg

その辺りから場が変わり、氣がマグマのように吹きあがっている。なんと舩井さんが考案されたマークを記した帽子が氣の主だった。
RXT05214.jpg

出口王仁三郎さんの貴重な軸や、伊豆石の敷かれたお風呂も素敵。
RXT05228.jpg

RXT05231.jpg

そして何より、この家を囲む森が素晴らしい。
RXT05233.jpg

奥様からは、直にどうして70歳を機に、高輪から熱海に移られた秘話を教えてもらい、のけぞる。詳しくは書かないが、ここに丹頂を飼われていた画家がいたという。
ナミビアに落ちた隕石を見せてもらい、舩井家の思い出に耳を傾けた。
RXT05241.jpg

舩井さんが亡くなられてから出てきた宝がもうひとつある。それが奥様へのラブレター。愛という一字が、大切に綴られていた。
肉体は朽ちても、想いは必ず場に残る、いや、残るというよりも焼き付く。そうか、この過ごされた家のあらゆるところに、舩井さんの奥様への愛が浸みこんでいる。だから、いるだけでこんなに優しい気持ちになるのかな。
最後に玄関でパチリ、舩井幸雄さんも笑っていた。
             ノムラテツヤ拝
RXT05246.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<絶景世界91 | ホーム | 本物研究所>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |