fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

新世界写真24

024_202111121000334f2.jpg

「うぉぉ~」と思わず声がもれ、「すげぇ~」と叫んでしまった。
白山連峰のふもとに、僕が通い続ける場所がある。今年の秋は美しいから、もしかして・・・、現実の世界は、僕の想像を遥かに超えていた。
谷を流れる滝が何本も落下し、周りの森が赤、橙、黄、緑色で着飾っている。ここまで美しい紅葉滝って僕は今まで見たことがあるだろうか? そんなことを思い返してしまうほど、圧倒的な光景だった。
そう、僕は今まで大きな勘違いをしていたのかもしれない。海外の大自然にありったけの気持ちを込めて撮影するのは、それが日本に無い圧倒的な大自然だったから。それを見れば、感じれば、誰もが「僕らは地球によって、宇宙によって生かされている小さな存在だ」と体感できるはず。だからこそ、師匠の星野さんが得意だった、「場のエネルギーが。そのまま一点の曇りなく写真から放たれる撮影法」を模索したし、それを実践してきたつもりだ。でも、ちょっと見方を変えれば、少しだけ国内の自然を掘り下げれば、その圧倒的な自然を感じてもらえる場所が、数多くあるのだ。
コロナ禍になってから、日々同じような言葉を自然から受けてきた。
「海外の自然を撮るように、国内の自然も撮ってみろ。俺たちは力になってやるから」。
その意味がようやく腑に落ちた瞬間だった。これから僕がやっていくことも、明確に見えてきた。
            ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

新世界写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<沖縄・やんばる隊追加募集 | ホーム | いぶすき>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |