fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

次元の扉

DSC09317.jpg

細い獣道を奥へ奥へ辿る。鬱蒼とした森を抜けると、突然空が開け、そこに巨大な磐座が鎮座した。近づくと、手と足がスースーと吸い込まれるような感じが。この感じは知っている。でもまさか甑島にあろうとは・・・。
世界は陰陽で出来ている。そして次元も今、この世界に重なりあっている。だからこそ、修験道たちの修行場や、シャーマンや呪術師たちの祈り場には、その次元の狭間が隠されている。ペルーやグアテマラを始め、世界に次元の扉はいくつもあり、勿論日本にも在る。
巨石を回り込むと、体がぐにゃぐにゃし始め、次元が変わっていくのが肌で分かる。
DSC09326_202202071735141cf.jpg

一気に鳥肌がたち、体が緊急事態宣言を出してくる。やばいな、これ以上、ここに佇むと体が持っていかれそうだ。そこは巨石の裏手にある空間。つまりこの石が扉の役目をしているのだろう。
DSC09328.jpg

表側へ回ると、体の芯に氣がすっと立つ。どうしてこんなところに、こんな聖域があるのだろう? 僕は後から、ここが甑島の臍であり、神々の石として古代より守られてきたことを知る。
              ノムラテツヤ拝
DSC09403_202202071735128c1.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<阪根大学5新規募集開始 | ホーム | 阪根大学4-7>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |