fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

裏テーマ

DSC07060.jpg

頂きに立った僕らは、そこでランチ。宿で作ってもらった愛情弁当を頬張った。
皆の顔にも充実感が漂い、僕はただそれを見て幸せになる。帰り道には、もちろん大忠岳の心臓部へお連れする。
そこは巨石と巨木が重なり合う、響き合う聖域だ。
DSC07053.jpg

まずは木と石の氣の違いを感じてもらい、自分に合うと思う方へ。そこからは言葉で誘導し、イメージで皆と自然の境を消していく。氣を感じるとは、ただ手を当てることではない。自分と自然を交わせ、そこに生まれるシンフォニーを体感すること。その体験を増やしていくと、ある時に閾値を超える。今回は3名が、その限界点を越えようとしていた。
去年の夏から毎月催行している誰もやらない国内ディープツアー。 https://tetsuya89.wixsite.com/website-2022
単純に皆に日本のクールな裏側を知ってもらいたい、体感してもらいたいという思いもあるが、裏のテーマは圧倒的な聖域の氣を毎度感じることで、それらが増えていくことで、今まで見えなかった世界が、感じなかった世界が広がっていくことのだ。
それはきっとプライス・レスな人生の宝物になるはず。
DSC07221_2022060114450349d.jpg

屋久島に流れる雨水は、狂おしいほど美しく、木々のメデューサのように根を張った。
DSC07229_20220601144502867.jpg

そして最期は秘密の巨木へ。ここは大人でも樹根の中へ入れる場所だ。皆で一緒に巨木の子宮に抱かれると・・・・、一人に覚醒が起こった。
              ノムラテツヤ拝
DSC07262_202206011445023cd.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<愛の詩 | ホーム | 新世界写真226>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |