fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

質問状

IMG_9505.jpg

「野村さん、ひとつ教えてください」
若者から一通の質問状が届いた。
「野村さんは、一日に朝、昼、晩と3度にわたってブログもFBも更新されていますが、ネタが尽きる、または書くことが無くなってきたな、と思うことは無いのでしょうか?」
う~ん、質問の真意がよく分からないけれど、「書くことがなくなってきたら書かなければ良いのではないでしょうか? ブログやFBなんて、日記のようなもの。書きたくなければ書かなければ良いし、書きたければ書けば良いくらいの気持ちで十分だと思いますよ」。
ではネタが尽きる、書くことが無くなってきたと思うことはあるのか、ですよね? 答えは、ありません。だって、この世界があまりに精密な美のカケラで作られているから。その美を一つずつ見ていくだけで、僕の100年の人生ではまったく足りません。例えば、最近あぜ道を彩っているのがタンポポの綿毛。近づいてみれば、傘のような種子が放射状に付き、今か、今かと飛び立つ時を待っている。でも、その奥はどうなっているの? 中心には何があるの? そう、日常もそんな風に視点を少しズラすだけで、無限の風景が広がっているのです。書くことがないのではなく、怖いのは視点が固定化してしまうこと。僕らが生きるように、周りの自然も日々ダイナミックに変わっているのです。これが答えになっているのかどうか、分かりませんが、僕は写真家なので、2枚の写真で見せますね。あなたはどちらの人生を選びますか?
           ノムラテツヤ拝
551.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<最後の晩餐 | ホーム | 新世界写真543>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |