fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

新世界写真608

608.jpg

突然のことだった。森の茂みに黒いものが揺れた。持っていたマイクを落とし、とっさに僕は望遠レンズを手にした。
「熊だ」
バス内は騒然となり、一気にボルテージが上がった。そう、ここはもうヒグマたちの生息テリトリーなのだ。
母熊と小熊二頭が、茂みから全身を見せ、道路へ出てくる。僕らのバスはもちろん止めているが、熊は構わず真っ直ぐに歩いてくる。10m、5m、そしてついにはバスの横を悠然と歩き、母熊がチラッとこちらを向いた。その先には・・・。
今回の前半隊では、心がちょっと弱っている女性が参加していた。知床の大自然に抱かれ、少しでも癒されれば。そんな想いが、この熊家族を呼び寄せたのかな? 不可解なほど真っすぐ来て、彼女を見つめ、そして去っていった。
僕らが思っている世界は、本当に小さいのだと思う。野生の世界、大自然、地球は、遥かなる大いなる意志によって創られているのだ。
彼女の瞳に、その優しき心に、母熊の視線がどう映ったのかな? きっと、温かい何かが生まれた瞬間になるだろう。
ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

新世界写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<阪根大学8新規募集開始! | ホーム | 命の振動>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |