fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

新世界写真743

743.jpg

2020年初頭、僕は宇城先生から自然界の奥義を教わった。
人間と自然の波長の違いから、どうして奇跡というものが起こるのかを。そして、それは外側ではなく、内側の状態が決め、全てのバランスが整った時に起こることを知った。
例えば、僕は今まで湖に山々が完璧に映るのは、何度も通い続けた先に神様がご褒美として与えてくれるものと信じていた。それも間違ってはいない。だって、何度も通い続ければ、必ず内側も整っていくのだから。でも、その仕組みを知っていればどうだろう? 宇城先生は、僕が透明になる、自然に溶け合う瞬間に何が起きているのかを、言葉ではなく、僕自身の五感で感じさせてくれた。それは、頭の先端から氷が張る、またはクリスタルに包まれていくような感じ。足先まで抜けた時、僕は無意識となり、すべてがひとつになる。そしてその奥底にある無意識の意識が浮かび上がってくるところまで先生は見せてくれた。
「どうだ、分かったか?」
先生のあの時の優しい瞳を、僕は忘れることが出来ない。大きな、暖かな、まるで僕が愛する大自然そのものだった。
あれからだ。行く先々で自然が僕の望む以上ものを見せてくれるようになったのは。富士の夜、さざ波が消え、富士が湖面に姿を映し、満天の星々までもが地上へ降りてきた。本当の絶景は、あちらからやって来るものではなく、内側と外側が完璧にリンクしたときに出来るもの。宇城先生、大切な気付きを有難うございます。
               ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

新世界写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ブルーモスク | ホーム | 彩雲>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |