fc2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

新世界写真823

823.jpg

ポルトガルの教会で、イエス・キリストと出逢った。イエスも仏陀もマホメットも、自然からの光の投影に過ぎない。人ではなく、大自然からの化身だと思えば、捉えやすい。
ポルトガルの聖なる教会で、僕はカメラを構えた。理由は、太陽の光が教会内にぽっかりと落ちていたから。撮影すると、僕の嫌いなゴーストやフレアが写真内に入ってきた。これは、カメラの表面の埃と光の屈折率によって引き起こされる現象。よく「凄い光が映った」というアレだ。でもiphoneしかり、カメラのレンズしかり、そのゴーストやフレアは、95%再現できる。だからそれらは神の光では無い。僕も写真家なので、多くの人からそんな疑問や質問を受けるが、残りの5%が僕には分からなかった。
それが今日起きた。ゴーストとフレアが起こるから、しかるべきシートで、レンズの表面を洗い、埃と塵をふき取る。再度撮影しようとしても、その光は離れようとしなかった。というか、少しずつ形を変え、法衣をかぶった人型になっていく。イエス・キリストとは言わない。でも、その聖なる教会に神が降りた瞬間だった。
             ノムラテツヤ拝
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

新世界写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<新世界写真824 | ホーム | 富士のひかり>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |