FC2ブログ

写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

ワイナリー巡り

樽(c)

ロス・リリオスから、クリコへ向けて出発だ。
Iさんの運転で名車サーフは、道路を滑るように走ってゆく。
パンアメリカンハイウェ沿いに、ブドウ畑が見えてきた。
ここはチリ屈指、いや世界屈指のワイン街道。その中心地がクリコだった。
Iさんと僕は、今から7年ほど前に出会った。
飛行機の席が横になり、すぐに意気投合。それからチリに来るたびに、仲良くしてもらっている。
まず向かったワイナリーは老舗のミゲルトーレス、紅葉したワインの葉っぱの向こうにブドウがたわわにぶら下がっていた。
ぶどうの紅葉(c)

一通り見させてもらい、今度は1865を作ったワイナリー「サンペドロ」へ。
あたり一面とはまさにこんな事を言うんだろう。見渡す限り一面、ワイン畑が続いた。
ブドウ畑(c)

レイダ、タラパカ、サンペドロ、そして1865。この一年半で、僕たちはきっと500本くらいのワインを飲んできたが、いつもその中心にあったのが、サンペドロだった。
ぶどう林(c)

レイダの白、サービニオンブランコなんて、コルクを抜くだけで、部屋がマスカットになるほどだ。
ぶどう2房(c)

ぶどうアップ(c)

ワイン売り場で、ディスカウントしているワインを、Iさん夫婦は購入した。僕たちは、7本も1865を購入済みだったので、しみじみと棚に置かれる銘酒を眺めた。
ワイン売り場(c)

チリとアルゼンチンは南米ナンバーワンのワインどころ。
Iさん夫妻と(c)

ワインの箱がサーフに積まれ、僕たちはクリコへ向かった。
                                    ノムラテツヤ拝
畑風景(c)
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタンをクリックお願い致します!     ↓ ココをクリック!
人気ブログランキングへ

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

パタゴニア | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<アサード | ホーム | クルミの林>>

コメント

ほれぼれするようないい葡萄ですね。太陽の恵みいっぱいつまってます!!!て感じ。
いい葡萄があるからおいしいワインができるんでしょうね。
2009-04-22 Wed 23:33 | URL | ホワイトライオン [ 編集 ]
ホワイトライオンさまへ  そうですね、ぶどうは太陽光とアンデスの水から出来ているのかもしれませんね。ワインの谷は、風の香りも葡萄でした。 野村哲也拝
2009-04-23 Thu 00:34 | URL | Tetsuya nomura [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |