写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

正座モアイ

DSC07075.jpg

イースター島での最大のハイライトと言えば、やはりラノララクだろう。
島に約1000体あるモアイの殆どが、ここから切り出された「モアイ製造工場」だ。
遠くトンガリキを見ながら、ぐるっと左へ回っていくと、世界で一番行儀の良いモアイが見えてくる。
モアイ・トゥクトゥリ。
DSC04246.jpg

正座、正確には跪座するモアイだ。
背後へまわると、その可愛いヒップラインと足裏がたまらない。
図1

みんなでワー、キャー言いながら、トゥクトゥリに話しかけた。
8月のイースター島は、アジサシの営巣時期。
見上げると、純白の体躯に赤い尾をなびかせたセグロアジサシが舞っていた。
DSC04363.jpg

夕日が落ちること、タハイ儀式村へ。
モアイの頭にちょうど夕日をのせて、シャッターをきった。
振り返ると、皆の顔も満足感に満ち溢れ、オレンジ色に照らされていた。
               ノムラテツヤ拝
DSC07234.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

チリ | コメント:1 | トラックバック:0 |

ひかりのダンス

DSC04281_201708220717220a4.jpg

イースター島には、ポリネシア屈指のダンスがある。

DSC07558.jpg
夕方から観光を終えた200人の日本旅行チームが集まり、その踊りを見せてもらう。
DSC07631.jpg

始まると、一人の女性に目がとまる。健康的な雰囲気に、キュートな笑顔、美人なのは勿論なこと、上を向くと見事なキャッチライトが瞳の表面に輝いた。
DSC07829.jpg

僕は普段からあまり人物は撮らない。それは野生の自然がより輝いているから。
では、その輝きは一体何処から来るのだろう?
それはきっと、命の燃焼度だと思う。
DSC07878.jpg

DSC08033.jpg

爆発的に突き進み、激しく生きている人。ふつふつと内面を燃やし、静かに生きる人。
DSC08046.jpg

その両極に圧倒的な光が産み出される。
DSC08524.jpg

神に捧げる踊りもそう。自己がやがて消え去り、大いなる者と繋がった瞬間、命は一点の曇りもない光となるのだろう。
男性も女性も、今、この一瞬に命を躍動させ、トランス状態に。
DSC08884.jpg

DSC09356_20170822071745aa4.jpg

光は渦を巻き、この絶海の孤島を静かに覆っていく。
DSC09471.jpg

光の先にあるもの。それは、全員のドキドキ、ワクワク、そして笑顔だった。
             ノムラテツヤ拝
DSC09685.jpg
ランキングに参加しています。“地球の息吹”を楽しくご覧下さった方は、ぜひ1日1回「人気ブログランキングへ」ボタン人気ブログランキングへのクリックをお願い致します!以下のライオンボタンの上でクリックしてみて下さい。吠えます!
人気ブログランキングへ

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

チリ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>